龍王岬

高知県の観光地と言われて、すぐに思い浮かぶのが、桂浜。
よさこい節にも歌われる月の名所としても有名で、秋には観月の宴等も催されます。

扇形に広がる砂浜の西側には龍王岬があり、龍王宮の展望台からは大平洋を見下ろすことが出来ます。
坂本龍馬の銅像から少し歩くと絶好の撮影ポイントがありますので、記念に桂浜のお写真をパチリ。

子供達に大人気の桂浜水族館


豪気節の歌碑

豪気節(旧制高知高校第一回生)余田弦彦作詞

一ツトセ 一人のあの娘が恋しけりゃ潮吹く鯨で気をはらせ
               そいつ豪気だね
二ツトセ 故郷忘れょか若き身に桂の浜に星が飛ぶ
               そいつ豪気だね
三ツトセ 南の海や土佐の国革命と自由の生まれし地
               そいつ豪気だね
四ツトセ 善し悪し騒ぐな野暮な奴飲めや歌えやはね廻れ
               そいつ豪気だね
五ツトセ 意気は尊い血が燃ゆる黒い女にゃ慕われる
               そいつ豪気だね
六ツトセ 無為に過ごさぬ三年の元気はみ国の宝なり
               そいつ豪気だね
七ツトセ 泣いちゃいけない気が弱い二十世紀に吼ゆる身じゃ
               そいつ豪気だね
八ツトセ 優しい心もないじゃない浦戸の沖に鳴く千鳥
               そいつ豪気だね
九ツトセ この浜よする大波はカリフォルニヤの岸を打つ
               そいつ豪気だね
十 トセ 時は永劫じゃ常夏の土佐の高知の胸の意気
               そいつ豪気だね

 高知高等学校第一回卒業生、余田弦彦は、熱血の詩人で高知に多くの逸話と寮歌を残したが、京大法学部在学中に、惜しくも病没した。彼の歌の中で、一番愛唱され、日本中に有名になったのが、豪気節である。
 「この浜」で焚火のまわりに方を組んで、豪気節を歌い、樽酒を汲む三春の行楽、中秋の観月は、高知高校生の血を湧かせ、生涯の思い出となる年中行事となった。
 「カリフォルニヤの岸」は、当時としては極めて壮大な、青年の気宇を表すものである。



坂本龍馬彰勲碑

↑この碑は、幕末に坂本龍馬と親交のあった土方久元が龍馬をともらう七言絶句の詩を彫記したもの。

石碑の名前はなぜか阪本になっています。



最終更新日 2010年5月 
ほかにも、大町桂月の記念碑、などなど色々あります。
取材は随時行っておりますので、まだまだ追記予定です。
又、遊びにいらして下さいね♪

homeに戻る
このページのトップへ
珊瑚アクセサリー 珊瑚ジュエリーを高知からお届けします♪
珊瑚・パール・天然石アクセサリー制作&通販!身に着けて下さるお客様の幸せがLapinの永遠の願いです。
このサイトはLapinが制作・管理・運営いたしております。
内容文・商品画像の著作権はLapinに帰属いたします、無断転載・複製は禁止致します。
copyright©2017 www.de-lapin.com all rights reserved.